法律相談を生活の中に取り入れる

What's New
法律相談を生活の中に取り入れる

無料法律相談の手順と持ち物

経済的に余裕のない人が、法律が絡むトラブルにあってしまったときは、無料の法律相談ができるところに相談することが最適な方法です。この無料法律相談を利用するためには、一定の条件を満たす必要があります。条件には「収入が一定額以下である」等があり、申込みを行う時は、収入や家族構成についての質問をされます。

相談できる内容は、弁護士・司法書士等が口頭で助言をしてくれます。一回の相談にかかる時間は、30分くらいが目安になっていて、一つの問題につき相談できる回数は多くて3回です。相談して援助を受けた結果、裁判や調停、交渉等の弁護士代理が必要な時、裁判所提出書類を作るのに司法書士等に頼むことが必要な時は次の手続きへと進むことになりますが、相談だけで問題が解決した時は、ここで終了になります。

相談を利用する当日に必要な持ち物と書類は相談内容によって変わってきますので、相談予約の電話をした時に聞いておくことが必要です。原則として、収入及び資産を証明する書類を提出することは、相談援助の時には必要にはならないので大丈夫です。

このページもチェック!

Copyright (C)2018法律相談を生活の中に取り入れる.All rights reserved.